ディズニーの夏。日本の夏。

夏のディズニーは日陰があまりないので、日焼け対策に半袖の上に羽織るものは必要です。帽子、日傘も荷物が増えますがいります。水に濡れてしまう可能性もあるので着替え、使い捨てカッパなど。子供も着替えが必要です。運動靴で行くのですが、濡れたときの事も考えてクロックス的な物も持って行けたら安心です。ベビーカー等はレンタル出来るものはあまり暑さ対策には適してないので、小さい子供がいる場合は普段使っているものをもっていった方がいいです。喉が乾いた場合にペットボトルではすぐにぬるくなってしまうので、保冷できる水筒に入れて持参します。もしつぎたす場合にも冷たさが保てます。アイスも売っているのですが、その形もかわいいので楽しいです。なるべくファストパスで待ち時間を少なくするとか、室内の時間を長く過ごすようにするとか気をつけた方がいいです。とにかく暑いので、水分はまめにとって楽しんで下さい。
夏のディズニーということで水を撒かれたりもするので濡れる覚悟で参加するのも楽しいと思います。濡れた後に着替えることは必ず必要にはなってきますが。

あと、夏のディズニーに欠かせないのはペットボトル!すごく久しぶりに夏のディズニーに行った時、何も考えずに出かけたことがありました。その日は猛暑。水浴びイベントがあるとはしゃいでいましたが、前の方に陣取って、待ち時間も長く、日が当たるところだったのでとても辛かったです。熱中症にはならずに済みましたが、ご飯を食べに行ってセットで付けた飲み物は小さく、改めてペットボトルを買おうとするとスーパーで買うより2,3倍して、少しずつしか飲めず、しかもすぐにぬるくなってしまってました。その次に夏に行った時は、味の付いてる飲み物のペットボトルを凍らしたものと、500ml入る水筒に水と氷を入れて持っていきました。溶けるまでは凍らせたペットボトルで体を冷やせるし、水筒だとかなり長い間冷たさを保てるので、そのセットが一番お勧めです。

あと、日傘はとても邪魔になります。歩いてるだけで何度もさしている日傘にぶつかって、とても不快な思いをしました。フード付きのタオルだと首のうしろから肩まで隠せるのでとても便利です。帽子を持って行く場合は、持っていくタオルを少し大きめのものにして、長時間外で待つ場合には首にかけておくようにしたほうがいいです。首の後ろを熱くしてしまうのが一番辛かったです。

お役立ちサイト

ディズニーリゾート
ディズニーお土産・グッズ情報
ディズニーストア
ユニベアの買取情報

班の人たちとディズニーランドへ行った思い出

0c66c9b4f6affa16913661a3b350e035_s

私はある職業の研修を一年くらい受けていたのですが、それを一緒に受けていた班の人たちと一緒に、ディズニーランドに行った思い出があります。もちろん、それまでそれなりにディズニーランドに入ってまいりましたが、そういう集団で行ったのは初めてのことでした。研修の終了試験を受けて、班ももう解散というときに、お別れ会のようなものを兼ねて行ってまいりました。

もう会わなくて済むからということで本音モードに入っており、来ていなかった人の悪口といったものも言われたりもしていましたが、「君は思想的に右か左かといえば、どちらかい。僕は左なんだけど」とおそらく班で最も格好のよく、そして、おそらく頭もいいと思われる人に問われたことを思い出します。私はどちらかといえば左なので、「どちらかといえば左かな」と答えたような記憶があります。

班の中では男女交際に発展した人たちもいます。そのカップルは終始仲がよさそうに話していました。女の方は胸の小さいところはありましたが、それなりに明るく、男の方はどちらかというと暗いのですが、どうしてかカップルになってしまいました。当時私は彼女がいなかったので、羨ましく思ったものです。その男の方とは友達で、今でもたまに会ったりもしますが、彼女とは別れてしまったそうです。

ディズニーランドはいつものディズニーランドでした。パレードはいつものことではありますが、なかなか見ごたえがありました。ディズニーキャラクターは万国で愛されているだけあり、やはりかわいいですし、きらびやかなパレードというのは、いつみても素敵なものだと思います。こういう非日常的なところに、たまに来るというのは、いいものではないでしょうか。

そのあと数日で班は解散してしまったわけですが、それなりに仲のよかった班だけに、別れが惜しまれたことも事実です。そこで一緒に研修したメンバーは、ほとんど交流はありませんが、みなさん活躍しているようです。